スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

存在。

「a」とは、可算名詞にしか付かない冠詞である。


つまり、不可算名詞にはつかない。


不可算名詞とは、物質名詞や抽象名詞、固有名詞のことである。


Informationなどの抽象名詞は、存在が不確かであり、抽象的にしか認識出来ない。


では、この例文はどうだろう。


「Does "L" know ? A god of death eats nothing but apples.」


意味は「えるしっているか?しにがみはりんごしか食べない。」である。


この場合、死神は可算名詞であり、実際に存在することを示唆している。


つまり、「a」という一文字の英単語は、使い方によっては存在が確かであるように表現できる。


ただネイティブじゃないからやって良いのかは知らないけどw





・・・誰も興味ないよね~。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 落書き自由帳 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。