スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温暖化記事:温暖化物質

さて、地球温暖化と警鐘されて久しいですが、


その原因物質について、今日はお話します。


皆さんがどれくらい知っているのかは予想できませんが、


少なくとも、二酸化炭素(CO2)が悪いということは知っていますよね。


最近の商品の主流は「CO2排出量削減商品」。


より二酸化炭素を出さずに、より良いものを。


聞いただけでは良いことをしているように思えますが、


皆さんは、その二酸化炭素についてどれくらい知っていますか?





俺が調べた限りでは、


二酸化炭素ほど地球に、人間に良い物質はありません。


まずは、その性質。


この物質は、ご存知の通り酸素と炭素で出来ており、


非常に安定した物質です。


それに、毒性もない。


しかも、その利用方法も様々で、


植物が光合成によって栄養とするのはもちろん、


人間が生活をする上でなくてはならないもので、


炭酸ナトリウムという化学工業上最も重要な物質を作る際にも用いられています。


その炭酸ナトリウムから作られるものは、


石鹸、ガラス、紙、染料、医薬品など。


他にもみんな大好きの「炭酸」の原料だったりします。


このように、色んな製品の元になっています。


また、人間のエネルギー資源の源である、


石炭や石油という化石燃料も、


二酸化炭素が深く関わっています。


もし二酸化炭素がなかったら、


しかも、今問題となっている「温室効果」も、


広く考えてみれば、この地球の温度を正常に保ってくれています。


CO2がなければ、地球の環境はメチャクチャになってしまうでしょう。


・・・これだけ見てみると、


いかに重要な物質かがわかりますね。





こんな最高の物質を、皆は悪者扱いしているんですよ?


まあ、洗脳させられているんですが。


そこで、少し冷静に考えてみました。


なぜCO2だけここまで邪険にされるのか。


一番の理由は、分解できないからでしょう。


CO2が増えると、当然こういう考えが出てきます。


「多くて困るのなら、減らせば良い。」


そして、まずこう思うでしょう。


「分解すれば炭素と酸素という地球に優しい物質なのだから、分解すればいい。」


しかし、二酸化炭素を人工的に分離させるのは至難の業。


なぜなら、とても安定で、強く結びついた物質だからです。


すると、出来ないとわかれば、


「やっぱり排出量を減らせば良いのか・・・。」


となるんだと思います。


でも、よくよく考えてみれば、


加工するという方法もあるのです。


さっき述べたように、工業製品にするとかね。


こういう風な思考に行かせないのも、洗脳されてるからなのかな・・・。


しかも、やろうと思えば大気中から直接CO2だけ取り除くことも可能だと思います。


二酸化炭素だけ吸収する器具とかもあるからね。


まあ、こちらは何故しないのかというと、


金の問題でしょうね。


まあ、どうせ地球温暖化なんて進んでいないんだから、


やっても意味ないんですが。


こちらの話は、また後日。





ちなみに、地球に優しいとか言われている物質でも、


害があるものもあるんですよ?


紫外線をブロックしてくれている「オゾン」なんか、


光化学スモッグの原因物質だったりしますからね。


また、あまり名前が取り上げられませんが、


窒素酸化物ってのが、一番酷いです。


人体に有害だわ、酸性雨になるわ、空気汚すわ・・・。


抑えるならこちらを抑えないといけないと思いますよ。


二酸化炭素を止める前に。


あと他には、メタンとかもありますが、


こちらも加工が出来るので、良い物質だと思います。


燃料だったりするからね。





まあ、結局、


二酸化炭素を恨むのはお門違いってことです。


いい子だよ?二酸化炭素。





戻る

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 落書き自由帳 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。