スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺がよく書く批判について。

ツイッターに参加w


前にやらんとか書いてたけど、まあ細かいことは気にしない!


あと、やり方がわからんから、フォローとかはして下さいw


俺からは出来んw






さて、今日は、


俺が良く使う「批判」について。


まずは、批判の意味から。


ヤホー辞書より。


ひ‐はん【批判】

1 物事に検討を加えて、判定・評価すること。「事の適否を―する」「―力を養う」

2 人の言動・仕事などの誤りや欠点を指摘し、正すべきであるとして論じること。「周囲の―を受ける」「政府を―する」

3 哲学で、認識・学説の基盤を原理的に研究し、その成立する条件などを明らかにすること。



1の意味は、どちらかというと「批評」じゃないかな?とか思ったり。


俺が良く使う「批判」は、2の意味で使っています。


また、「正すべきであるとして論じること」が抜けている場合でも、俺は批判と使っています。


つまり、「お前バカじゃね?」とか、「お前の言うことは意味わからん」とかも批判として受け取っています。


まあ、言葉の意味はこれくらいにして。


なぜ、俺は批判をするな、とよく書くのか。


ただ良い子ぶりたいだけじゃないか?とか思ってた人もいるかと思います。


しかし、俺はそんなつもりでは書いていません。


なぜかというと、長くなるのでぐっと省略すると、


家庭環境によるものだと自分では思ってます。


兄がね・・・、うん、あれなんですよ・・・。


そんなわけ(?)で、俺は批判が嫌いです。


でも、俺だって批判をするときがあります。


あの教師キモイ!とか、この店は俺には合わん!とかね。


でも、俺は、言っても影響がないものにしか言っていないはずです。


教師のことをどう言っても、教師は「餓鬼の戯言」のように思うだろうし、


店の苦情は、友達に聞こえるくらいの声でしか言いません。


赤の他人が聞いていて嫌になるようなことは、こっちも嫌になるので言っていないはずです。


だから、例えば友達の愚痴とか、悪口とか、


そういうのは、言うとしてもなるべくかるーく言います。


そんな当り散らしたりはしないです。


まあ、だからといいますか、


ブロガーを批判したりする奴は、許せないんだと思います。


コメントする奴は、自分に危害が加えられにくいのを分かっているから、


批判したり、悪口を書いたりするんだと思います。


でも、ブロガーは他の読者の目を気にする人とかも居るから、


中々悪口は書けないと思います。


そういう、自分のストレスをぶつけているだけの様な、


批判や中傷などは、止めて欲しいんですよね。


第三者として見るのも嫌だしね。


だから、批判はやめてください。


するとしても、仲間内だけでお願いします。


その対象の人を傷つけないようにしてください。


あ、でも、


ブログを良くするために書く「批判」は、もちろんいいと思いますよ。


「ここをもうちょっと分かりやすくしたほうがいいんじゃない?」とか、


「ここに誤字・脱字がありますよ、訂正しては?」などのことですね。


ただ、言い方は考えて欲しいところです。


「分からんわボケェ!」とか、知らない人にいきなり言われたら嫌ですからね。


まあ、何が一番書きたかったのかというと、


コメントも、節度を守ってやりましょう!

コメント

 
批判と意見はえらい違いですかんねw

まぁ、最低限のマナーって奴だけは
       守って貰いたいものです。。。
そうですね…

自分を見直してみる良い
チャンスなのかもしれません。
みるくてぃーさんへ

そうですね、ただの暴言とかもありますし。

てか、マナーというより、心遣いというか、注意というか、
まあ、そこらへんを考えて見てもらいたいものです。


夢さんへ

まあ、ブロガーさんは大丈夫だと思いますが、
気をつけるに越したことはないですよねw

・・・一番気をつけないといけないのは、俺なんですけどもw
批判というか、毒舌を吐くのでw

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 落書き自由帳 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。